宇摩の家族

岡山県の瀬戸内市、広島県の福山市、埼玉県の秩父市にある、蝦名宇摩の家族が経営するお店の紹介です

ぽん

山田塊也(通称ポン)は、蝦名宇摩の実父。

1937年岐阜県高山市生まれ。幼少時の大半を病床で過ごし、脊椎カリエスを患い、「せむし」となる。55年に高校中退後、磁器・画工となり、58年に京都にて友禅染・画工に。

60年に街頭似顔絵業を開業。上京後は画家を志すも新宿ビートニックと出会いドロップアウト。以後、ヒッチハイクで放浪の旅をしながら、日本におけるヒッピームーブメントの草分け的存在となっていく。

67年に、コミューン運動“部族”結成に参加。75年には、蝦名宇摩が生まれ育ったコミューン“無我利道場”を奄美に建設。87年に高山へ帰郷。2000年に高山より穂積を経て秩父に移住。2010年4月26日、チェルノブイリ原発事故から24周年にあたるこの日、埼玉にて死去。

ウェブサイト:http://amanakuni.net/pon/

『著作』

・『奄美独立革命論』共著 三一書房

・『マリファナX』共著 第三書館

・『トワイライト・フリークス』 ビレッジプレス

・『アイアムヒッピー』 第三書館/森と出版

※絶版状態であった『アイアムヒッピー』は、2013年に森と出版によって増補改訂版として再版されています。

『絵画作品(一部)』

これらの作品は絵はがきとして、塊也さんの故郷である高山市の絵本屋「ピースランド」でお買い求めいただけます。